ユルフカ クリエイターチーム

2021/08/16 14:49

posted by ニューマイヤー毛布のりこ


8月14日 午前2時すぎ。

武雄の実家にいます。
ついさっき、武雄市に大雨特別警報が出ました。
もう2日ほどドキドキしすぎて心臓がいたいです。
河川に近いところ、土地の低いところに住んでいる方達は大丈夫かな。
2年前の久留米での被災。
だんだんと水がせまってくるあの感覚。
水はこわい。とてもこわい。
どうか、みんな無事でいてください。

うちの実家は高台にあるから浸水の心配はほとんどないけど、この地区は広範囲で土砂災害警戒区域になっていて、わたしの心配性が大暴れしちゃう。
土砂崩れや、土石流が起きたらどうしよう。
どうやって足の不自由なかあちゃんを連れて逃げよう。
どうか、どうか、なにごともありませんように。
雨さん、お願いです。
もう止んでください。

雨足が弱まらないまま、夜が明け

と、ここまで書いて、もう限界。気持ちがついていかなくて書けなくなっちゃった。


そして15日の朝。

起きて、窓の外を見たら青空。



ああー!ありがとうー!!!
雨やんでくれてありがとうー!!!
神様ありがとうー!!!
じいちゃんばあちゃん、ねえちゃんありがとうー!!!
家、地面、山、川、がんばってくれてありがとうー!

涙が出てきました。

それから実家のあれこれを済ませ、夕方に3日ぶりに多久のおうちに帰宅。
ついたとたんになんだか気が抜けて、ペタリ。
「疲れた、、、」
からだというか、こころがすごくすごく疲れてしまった。

いやいや、被災された方たちはこんなもんじゃない。
わかってる。わかってるけど、、、
なんだか、涙が出てきてしょうがなくて。

やらないといけないことはいっぱいある。
この3日間、やろうと思ってた仕事や作業にもぜんぜん身が入らなくて、すでにだいぶ予定より遅れてる。

でも、無理みたい。
今日はちょっと休憩して、好きなものを食べて、Amazon primeで映画でも観よう。
そうしよう。

2年前の大雨で被災して、おうちも車もなくなって、でも、周りのみんなのおかげで今、楽しく幸せに暮らせています。
「なるようになる。大丈夫。」
そう思えるようにもなりました。

でも、大雨のたびに、すごくこわいです。
それは、もうしょうがない。
こわいわたしも、しばらく何も手につかないわたしも受け入れようとおもいます。

被災されたみなさんも、なんとか大丈夫だったみなさんも、
ほんとうにほんとうにおつかれさまです。
まだ、雨は降るみたいです。
からだも、こころも、休憩できるときに休憩しましょうね。これからのために。
本当に無理だけはしないでほしいです。

どうか、これ以上被害が出ませんように。
そして1日もはやく、日常がもどりますように。


追伸 .
たくさんの「大丈夫?」のご連絡ありがとうございました。
ご連絡いただくたびに、わたしのきもちがピコン↑と回復しました。
ほんとにありがとう。
みんなもどうか引き続きぶじでいてください!