ユルフカ クリエイターチーム

2020/08/11 11:48



女として生まれてこられて良かった。

今私は、すごくそう思います。


でも昔は違いました。

女って面倒だ。男の方がいい。

そんな風に思ったことさえあります。


中学になって、女の子らしくて可愛かった友達の影響を受け、髪を伸ばし始めるまではずっと、ショートヘアでした。

髪がつんつん立つくらいに短かった時もあります。


スカートはあまり好きになれなくて、いつもズボンを履いていましたし、男の子に間違われることもよくありました。


あねには、

「こけしみたいで、かわいいね。」

と、何とも珍妙な褒め方をされ、なんかよく分かんないけど

いちおう「ありがとう…。」と、受け取っていた気がします。


そんな、女の子らしさのおの字も分からなかった私は、女友達からはクールだね。とか、かっこいい。と、言われることの方が多かった学生時代でした。




それでもほんとは、ずっと、ずーっと前から、

男の子みたいにしてたその頃だって、

女の子としてかわいく在りたい。と、思っていた気がします。


でもそう思ったところで、どうせそんな風にはなれないし、

私可愛くないし。ふんっ。

って、勝手に拗ねて諦めていました。


そんな私に、例え「かわいいね。」と言ってくれる人がいたとしても、“お世辞だ。”と決めつけて受け取ろうともしていませんでした。


今なら、照れながらでも「ありがとうございます。」って言いたい気持ちです。



今私は、30を過ぎて20代の頃には無かった、

うっすらと姿を現したほうれい線だとか、

中々取れてくれなくなった身体の疲れだとか、

暗くなってきたお肌のトーンなんかと、日々ちっちゃな戦いを繰り広げています。


きっとこれからはもっと出てくるだろうし、ちゃんとケアやお手入れをしてあげなければ、鏡を見てがっくしすることも増えていくでしょう。


それでも、そうゆう手のかかる部分も含めて、

女性だから味わえることを思い切り味わいたいし、

やっぱり女で良かったなぁ。ふんふふん♪と、

この性をごきげんに楽しんでいきたいんです。


こころと身体と、この先も可愛らしく居られるよう、

ちっちゃな戦いたちを愛おしんでいきたいです。



そして、可愛いな。素敵だな。と思った時には、ちゃんと伝えられる自分でいたいです。




だいぶ前に、あねとこんな話をしました。




世界中の女性が、女ってたのしい!しあわせ。ってなれたら、

きっと戦争なんて無くなるよね。



そうなったら素敵だろうなぁ。

そんな世界を妄想して、ひとり、にやにやしています。




おんなのこたち、

きょうも、

しあわせでいてください。



                                                 jino jino