ユルフカ クリエイターチーム

2020/02/05 12:25

2020.02.05   posted by しきぶとんユキ

こんにちは。
OFTONリーダー、
しきぶとんのユキです。

今日、図書館にいるときに
LINEのお知らせがぶるっときて
まくらのじのちゃんが
「リーダー、そろそろどう?」と
ブログのバトンをもらって結構時間が経ってることを
知らせてくれました。

自分で
「バトンみたいに渡していこう!できないときはパスもありで。」
と言ってたのに
最近のお仕事やらなんやらのバタバタで
すっかり遅れてしまっていた私。

そんな私に、やさしく、傷つけないように知らせてくれるじのちゃん。
真の優しさとはこれですな・・・!
こんな仲間がいることに
またありがたさでいっぱいになったとです。
ありがとうじのちゃん。



さて、タイトルの余白の時間。
図書館に行ってたのは、
ロゴデザインのお仕事のため、資料閲覧や
アイデアの種のふくらましのためだったのですが、
ロゴに関わらず、デザインのお仕事をするとき
大事だなあと思うのが
この「余白の時間」です。

最初はたくさん、できるだけいろんな情報を集めます。
お客さんの気持ちや希望だったり、
デザインの対象になるコトやモノの歴史だったり、
自分が実際見て感じることだったり、
今の世の中の流れや、届きやすいデザインの空気感だったり。
かなり、頭と気持ちをパンパンにした状態で、
「余白の時間」をつくる。
なるべく心を自由に泳がせる。
できたら窓の大きい明るい部屋、なんかだと
とても気持ちが泳がせやすい。(すてきなカフェとか!)

そして、
そのあと出てくるカタチやイメージをそおっとすくいとる。

こんなプロセスを、一応自分の中で大事にしています。
なかなかスムーズにいかないこともあるけど。

改めて書いてみると、
「よし!」とがんばれそう。

写真は、昨日の夕方、空の色がきれいで、車から降りてパシャッとした時のもの。
こういう「余白」、ほんとに自分にとって必要だなぁ。