ユルフカ クリエイターチーム

2020/01/10 13:59

こんにちは。


MOGRAの毛利です。


OFTONのことと離れてしまうんですが、


テレビを見て思ったことを。



NHKで「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を


推してる番組がちょこちょこやっていて、


テレビをつけたままに、他のことをしていたのですが、


呉の方々の話が耳にはいってきました。



 あの時代にも自分のじいちゃんが


 あられを作っていて、今は、自分が作っている。


 アニメの中に、じーちゃんを感じますし、この街のことなんだと思いました。


 父が認知症の前に体験談を提供していて、楽しそうに話していた。


 今回の上映には、病状が進行していて、提供できなかったのが心残りでした。


 そうしたら、アニメの中の色のついたあの街の中に、父ではなく私自身がいる夢をみたんです。




…呉の人の話で、だばだば、泣けてきてしまって。




呉の忠実に体験談や資料をかき集めて制作していて、


そして「日常」を、大切に、大切に描いている。


日常を丁寧にえがくからこそ、深く染みるように伝わるんだなと。


アニメやイラストは、具体的なのに抽象的なモノ。


アニメやイラストだから、体験したことのないことも、想像させれることがあるんだなんだと、



じん、としちゃいました。



はかないこの、1分1秒を


日常を大切に描きたいな。。。




「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」


佐賀は1月30日、シアターシネマで、上映。


見に行こうかなと思います。



以上 ちゃお~!